患者様の声

目の形成術

二重修正二重切開法

二重修正の症例

二重修正の症例

院長コメント

こちらの患者様は、高校生時代にまぶたが下がっているわけでもないのに、他院で眼瞼下垂の手術を受けてしまいました。
術前は二重ラインより下の皮膚にだぶつきがあり、まぶたが重く見えます。
通常の全切開法に加えて、まぶたの筋肉が収縮しやすいように腱膜前転術、またご希望の皮膚切除も追加することになりました。また術前は右のまぶたの方が下っていますが、実は左のまぶたの方が挙がりが悪く、瞼板周囲の瘢痕切除および右は腱膜前転術、左は腱膜・挙筋前転術を行いました。また、患者様の了解を得て脱脂術も加えました。
術後2ヵ月間はむくんだ状態が続きましたが、術後3ヵ月経過した時点では、まぶたが挙がってすっきりした目元に改善されました。

施術詳細はこちら

二重修正二重切開法

二重修正の症例

二重修正の症例

二重修正の症例

院長コメント

当院には、「全切開二重術を行ったところ、二重ラインより睫毛側の皮膚にたるみができた」と仰る患者様が来院することがあります。その際には二重ラインより下方の皮膚切除を行うことで改善します。
しかし二重ラインのキズに幅があると、この修正によって二重の幅が広くなることがあります。従って、このような場合にはキズとなった二重ラインの形成を行い、再癒着しないようにご希望の二重ライン上に埋没法を行い、その後皮膚の余りを考慮して再度全切開を行います。

こちらの患者様は、二重ラインは瞼縁より10㎜のところにあり、切開部は陥没し、癒着していたため、今回は現在の二重ラインを形成し、埋没法で新たな二重ラインを作りました。結果、二重幅を変化させずにたるみを除去することが出来ました。

手術4ヶ月後、瞼を閉じた時の赤矢印が以前の二重切開線で、青矢印は埋没法の痕になります。この手術の欠点は、以前全切開した傷跡を切除しないため、その瘢痕が残ることです。
一方切除しないことで、二重幅に大きな変化を与えないことが利点です。
この患者様は、今後青矢印の埋没法のラインで再度全切開を行うことになっています。

施術詳細はこちら

アクセス

〒104-0061
東京都中央区銀座5-1-15 第一御幸ビル4階
TEL:03-6274-6143

お問合せ

お問合せ・予約フォーム

お電話

お電話

診療時間:午前10:30~12:30 午後14:00~18:30
※受付時間:午前10:30~13:00 午後14:00~19:00

クリニックサイト

銀座すみれの花形成クリニック

ブログ

銀座すみれの花形成クリニックブログ

銀座すみれの花形成クリニックスタッフブログ

サテライト

銀座すみれの花形成クリニック修正専門サイト

すみれの花ビューティー

for English

Ginza Sumire no Hana

銀座すみれの花形成クリニックフェイスブック

美容整形 モニター募集